2018年6月 5日 (火)

広島旅行2日目

広島旅行2日目。この日は尾道を散策しました。


まず尾道の商店街をぶらぶら散策し、お土産を物色。お昼はもちろん、
尾道ラーメンを頂きました。


そしてロープウェイを利用してへ千光寺へ。


よくある構図の千光寺と尾道の街並み

Img_6442


坂を下って、猫の細道へ。福石猫がお出迎えしてくれてます。

Img_6484


肝心のニャンコさんはとウロウロしているといましたいました。
沢山のニャンコさんいましたが、1枚だけ画像アップ。

Img_6551


尾道と言えば巨匠、大林宣彦監督。尾道3部作のロケ地を巡ります。
とは言っても正直記憶があまりない。しかし、原田知世さんの時をかける少女が
私の頭の中でかかりっ放し状態になったのは言うまでもありません。


ということでまず艮神社。

Img_6601


続いて時をかけた時計

Img_6615


転校生の名シーン俺があいつであいつが俺になった御袖天満宮の石段

Img_6635


坂を上り降りし、路地に入ったり。そこにニャンコがふと出迎えてくれたり。
景色といい、昭和レトロを彷彿させる雰囲気といい、良い街だなぁ。また行きたく
なりました。行かれる方は歩きやすい恰好でどうぞ。

2018年6月 3日 (日)

広島旅行1日目

4月17、18日に妻と広島旅行に行ってきました。
(多忙につき今更ながら記事を書きます。)


初日は竹原市にある大久野島に行きました。こちらの島は
かつて毒ガスの工場があった場所でしたが、今では沢山のうさぎが
棲息していて今ではうさぎ島として有名です。


私達は夫婦は忠海港からフェリーで島に渡りました。住まいが東京なので
新幹線で福山、山陽本線で三原、更にバスで忠海(フェリーの時刻に
間に合わないので呉線が使えなかった)という行程だったのでかなり
時間がかかりました。


島に着くや否やうさぎさんから手厚い歓迎を受けました。

Img_6388


海を背景に佇むうさぎさん

Img_6053


所々に戦争の名残が。


兵舎跡

Img_6250


発電場跡

Img_6332


歩けばそこにうさちゃんがいるというフィーバー状態。
中でも私がいち推しのうさちゃん。まだ幼くて模様がパンダのようでラブリー。

Img_6354


周囲は4キロちょっと。半日かけて散策してきました。うさぎに囲まれて
何とも言えない非日常の体験。またこの島に行きたくなりました。


最後の画像はカープ電車。あー、広島に来たんだなぁ。

Img_6397


宿泊は尾道のビジネスホテルで。2日目はまた後日。

2017年12月 3日 (日)

奈良旅行2日目

奈良旅行の2日目の模様です。


この日は奈良駅周辺を散策しました。まずは興福寺。こちらは
古都奈良の文化財の一つとして世界遺産に登録されています。


五重塔と鹿さん

Img_5284


猿沢池等を散策し、昼食は妻が調べた大和野菜が食べれるお店へ。
(詳しくは妻のブログ、あゆのしおやきに掲載)


昼食後、私の希望で、大好きな浅見光彦シリーズのロケ地へ。
シリーズ31、箸墓幻想(沢村一樹さんの浅見光彦)のロケ地、浮見堂です。

Img_5345


そして東大寺へ。大仏様の大きさ、オーラに圧倒されました。

Img_5393


奈良公園では鹿さんが当たり前のように鎮座してらっしゃいます。

Img_5467


更に春日大社へ。途中参道には多くの石燈籠がありました。

Img_5480


春日大社に到着。運動不足の我が身には中々しんどい歩きとなりました。

Img_5505


後は近鉄奈良駅近くの居酒屋で夕食をとり、私だけ先に東京に帰宅しました。
ちなみに妻は翌日、大阪で女子プロレス観戦の為、奈良に連泊。


鹿さんに癒された奈良ナラではの体験で満足した旅となりました。

2017年12月 2日 (土)

奈良旅行1日目

11月の21、22日に妻と奈良へ旅行に出かけました。


私の住む東京から新幹線と近鉄を利用してまず向かったのは大和郡山。
妻が金魚好きで更にジッタリンジンのファンでメンバーのほとんどが
この大和郡山出身ということで妻の希望で立ち寄りました。


金魚の街ということでさりげなくマンホールにも金魚アピール。

Img_5131


じぇ、じぇ、じぇ!電話ボックスの中に金魚が棲んでいる。

Img_5137


拡大してみた。

Img_5146


昼ご飯は大和野菜を使ったフレンチのコースを頂きました。
(詳しくは妻のブログ、あゆのしおやきに掲載)


昼食後は近鉄と奈良交通バスで談山神社に向かいました。
こちらは私の希望で丁度紅葉の見頃で今風に言えばインスタ映えする
撮影地を選びました。


十三重塔と紅葉。まさにインスタ映え。

Img_5189


まさに見頃。さすが関西の日光と呼ばれるだけの場所でした。

Img_5232


陽射しを浴びて紅葉が輝きを増します。

Img_5238


1日目の観光は終了。泊まりはJR奈良駅近くのビジネスホテルに宿泊しました。

2017年5月21日 (日)

能登旅行2日目

能登旅行の2日目の模様です。


輪島に宿泊した私たち夫婦は、チェックアウト後、輪島の朝市に行きました。

Img_3751


そこで漆塗りの箸が欲しかったので、店を廻っていると私の記憶に覚えのある店が。
そう、私の大好きなローカル路線バス乗り継ぎの旅14弾(太川陽介、蛭子能収
出演、マドンナ森下千里)で取り上げられた店でした。


番組でもやってましたが、漆の塗る回数が多いほど長持ちするとのことなので、
100回塗りの箸を購入。良い買い物が出来ました。長く愛用していきたいです。


朝市を出発すると、能登半島を時計回りに半島の先端禄剛崎を経由して七尾に
至るドライブルートで巡ってきました。


次は、これもテレビの影響か、日本テレビの鉄腕DUSHの世界一うまいラーメン
つくれるのかのコーナーで取り上げられた奥能登の揚げ浜塩田へ。

Img_3830


スタッフの方が親切に作る工程を説明して頂き、揚げ浜塩土産を購入。


次は曽々木海岸の窓岩へ。岩の真ん中に直径2メートルほどの穴があります。

Img_3866


そこからすぐの場所にある垂水の滝へ。画像だとわかりにくいですが滝が流れてます。

Img_3888


そして禄剛崎灯台へ。能登半島の先端に到達した達成感で感無量です。

Img_3915


続いて空中展望台スカイバードへ。眼下には奥能登の秘湯よしが浦温泉ランプの宿が。

Img_3921


さらに青の洞窟へ。画像は妻のブログ、あゆのしおやきで堪能下さい。ちなみに
空中展望台、青の洞穴の入場は有料です。


旅も終盤へ。次は見附島へ。その風貌から軍艦島とも呼ばれています。

Img_3973


そこから程なくして恋路海岸へ。

Img_3977


締めくくりに最後の土産を買うべく七尾の道の駅能登食彩市場へ。妻はこれでもかと
納得いくまで土産を物色していました。


帰宅は夜中の午前1時。夫婦共々グロッキー状態で帰宅となりました。


今回の旅行。マイカーということもあり、沢山観光して。沢山お土産も買ってきました。
天気にも恵まれて忘れられない素敵な旅行となりました。

2017年5月20日 (土)

能登旅行1日目

私の仕事の連休5月16、17日に妻と能登に旅行してきました。マイカーで
住まいの東京を朝6時に出て、金沢を通る時には昼過ぎになってしまいました。


まず目指したのは千里浜なぎさドライブウェイです。砂浜の波打ち際を車で
走れます。(マイカーと海岸の画像を載せたいのですがプライバシーのため
止む無く掲載断念)

Img_3539

Img_3526


次に向かったのは巌門。波の浸食で形成された天然の洞門になっています。

Img_3558


その後はヤセの断崖へ。断崖から撮った画像はあるのですが、肝心の断崖の
画像が無いのでここはサラッと流します。


更にそこから歩いてすぐの義経の舟隠しへ。断崖絶壁の入り江になっています。

Img_3568


そして、この旅のメインイベント白米千枚田です。日本有数の棚田として有名な
観光スポットで田植え時期の夕日と千枚田とのコラボ写真が撮りたいと思い、
天気にも恵まれ、念願叶うことができました。

Img_3578

Img_3599

Img_3698


宿は輪島で泊まりました。2日目の模様は後日アップします。

2017年5月 8日 (月)

こいのぼりを撮りに八王子へ

5月3日のこととなりますが、こいのぼりを撮りに八王子に妻と行ってきました。
移動はゴールデンウィークなので公共交通機関を使ってです。


中央線で八王子駅で降り、そば屋で昼食をとり、歩くこと数分。最初の目的地、
荒井呉服店に着きました。そうです。こちらのお店、ユーミンこと松任谷由実、
旧姓荒井由実さんの実家として有名な場所です。写真の掲載はやめときます。
(この日はお休みでした。)


近くのバス停でバスに乗り、高尾警察署前で下車。徒歩3分程で南浅川に到着。
沢山のこいのぼりが泳いでいました。では画像をアップ。

Img_3258

Img_3270

Img_3276


ファンシーキャメラマン、可愛いこいのぼり画像アップ

Img_3333


こいのぼりのメイン会場から南浅川沿いに西に行くと高尾駅に行けるので散歩。
鳥さんを撮るのが好きな私はすっかり撮影に夢中。

Img_3402

Img_3450


帰りは高尾駅から始発で中央線に乗って帰りました。


本当、最近鳥さんの撮影に目覚めつつあります。いつもブログの鳥の画像はトリミング
(鳥だけに?)なので、望遠のレンズが欲しくてしょうがありません。中古でも20万円。
安月給の私には値が張りますが、頑張ってお金貯めていつの日かと思う今日この頃です。

2017年4月23日 (日)

桜を撮りに北本、鴻巣へ

私事ですが、3月下旬から、4月上旬にかけて仕事が多忙を極め、
疲労困憊の状態でした。


そんな状況下に桜でも見て癒されたいと思い4月12日に妻と行った
埼玉の北本、鴻巣の花見の模様を遅くはなりましたがブログで
お伝えします。


まずは北本にある石戸蒲ザクラに行きました。こちらは日本五大桜にも
なっている名木とのこと。

Img_2607


東光寺の本堂を入れて

Img_2621


その後は元荒川沿いの桜を見に吹上駅の駐車場に車を止めて散策。
川面に桜が映り込む様は趣があってとても良い所でした。

Img_2867


最近鳥さん撮影に興味があり、トリミングですが、桜と鳥さんをアップ。

Img_2759


さあ帰路へとカーナビをいじくっていたらさくら公園とあったので行ってみようと思い、
北本にある高尾さくら公園へ。

Img_2894


公園を歩いていると1匹の猫に遭遇。辺りを見回すとニャンコがいっぱい。
猫大好き夫婦の私と妻は桜そっちのけで猫の撮影に没頭となりました。

Img_3007


東京の下町に住む我が家からだと首都高に入って東北道を走り、久喜白岡JCTから
圏央道経由で桶川北本インターで高速を降りること小一時間。圏央道を利用することで
国道17号線の渋滞にイライラすることなくドライブでき、桜鑑賞で少しは心身を
リフレッシュできたかと思います。

2017年2月10日 (金)

氷柱を撮りに秩父へ

仕事休みの2月1日、妻と秩父に氷柱を見に行ってきました。
実は以前にも行ったことのある場所なのですが、デジタル一眼レフカメラを
購入する前だったので是非今回は撮影をということで再度の訪問となりました。


まずは尾ノ内百景氷柱に行きました。尾ノ内渓谷に掛かる吊り橋のところに
氷柱がびっしりできています。

Img_2195


樹木に張り付いた氷柱はジュディ・オングの衣装みたいだ。(昭和世代の言い回しです)

Img_2234


続いてひさつき氷柱へ。こちらは尾ノ内百景氷柱から国道299号線を秩父方面に
数キロ程のところにあります。

Img_2298


河原へ降りれるので氷柱を間近に撮影出来ます。ですので氷柱から滴る水滴
(分かりづらいですが画像右下)を撮影。

Img_2391


そして最後は氷柱のライトアップを見に三十槌の氷柱へ。うっとりします。

Img_2417


三十槌の氷柱は秩父の奥の方なので、夜になると空には沢山の星が現れました。
東京の下町在住の私には普段見れない光景だったので、途中から氷柱よりも
星空の撮影に夢中になってしまいました。

Img_2472


冬の時期しか見れない光景を撮影出来、満足した1日となりました。最後に、
寒がりな妻へ。凍死寸前の状態まで撮影に没頭してしまい、この場を借りて
お詫びと感謝、申し上げます。

2017年1月 8日 (日)

野川散歩

1月3日に妻と野川に散歩に出かけてきました。


折角の正月休み、家でゴロゴロするのももったいないし、かといって
車で遠出でもしようものなら渋滞につかまるし、日ごろの運動不足解消を
兼ねて妻が住んでいたという武蔵小金井駅から小一時間歩いてきました。


武蔵小金井駅から龍源寺というところまで散歩し、龍源寺からバスに
乗って三鷹駅で下車。JR総武線で帰宅という行程となりましたが、中々
歩きがいのある、また撮影しがいのある気持ち良い散歩となりました。


ということで画像をアップ。


まず、妻が見たがっていたカラスウリ

Img_2008


たくさんの鳥さん達に会うことができました。

Img_1784

Img_1795

Img_1954

Img_2000


乗り物編

Img_1963

Img_1980


私の住む東京の下町には人工的な親水公園ならあるのですが、自然に流れる
川に沿って散歩できるところが東京の武蔵野には沢山あるみたいで、機会があれば
行ってみたいです。心がリフレッシュして、新たな年をスタートできそうです。

«新年の挨拶2017

やすだの日記です

  • 妻のブログに触発されて、 趣味の写真撮影と絡めて 出先の出来事を載せようと思います。 妻のブログ共々よろしくです。
フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

妻のブログ

無料ブログはココログ